活動内容
 日本建設技術高度化機構は、以下の項目について活動している団体です。
 ① 鉄骨置屋根構造
 ② 津波建築
 ③ 高層、免震、制振等建築
 ④ ハイブリッド構造建築
 ⑤ PC造建築
 ⑥ あと施工アンカー
 ⑦ 海外活動



      「鉄骨置屋根構造の耐震診断・改修の考え方」講習会

鉄骨置屋根構造は、体育館、集会場など災害時の避難施設に多く用いられる場合が多く、被害が発生してはならない重要な施設です。2012 年8月には、東日本大震災での鉄骨置屋根構造の被害について日本建築学会で報告会を開催しました。今回は、耐震診断・改修の考え方を知ってもらうことを目的としています。

近い将来、大きな地震が発生すると予測されています。本講習会を開いていただき鉄骨置屋根構造の被害を無くするよう皆で努力していきたいと考えています。

PDFファイルを表示

 

 

ページトップに戻る